スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |pookmark
超・上層教育 (臼井宥文)
評価:
臼井 宥文
宝島社
¥ 1,470
(2007-12-13)
来年の大河ドラマに「直江兼続」が決定しました。
誰?っていう方。兼続です!!
主演が妻夫木くんじゃなかったら視聴率も落ち込むかもしれない知名度の低さあせあせ
実は私が一番好きな武将なので、
このニュースは超〜テンションが上がりました。

実は『武士の一分』の原作を書いている藤沢周平さんの作品の中に、
『密謀』という怪しげなタイトルの作品があり、
これがやはり直江兼続を主人公にした作品なのです。
※大河の原作は別の人が書いたもので、タイトルは「天地人」です。

この作品に出会ったのは大学生の時。
時代小説なんて「オヤジの読み物」くらいに思っていました。
きっとこのブログの読者層である皆さんもそうですよね。

逆に時代小説を読まない理由を考えてみました。
何か役に立つのか!?
‥あまり役に立ちません。
ケータイ小説が流行るのは、ドラマチックな恋愛体験が読めるから。
『おひとりさまの老後』が注目を集めるのは、老いに向けた準備が必要だから。
どちらも、ひょっとしたら自分も‥という可能性があります。

ところが時代小説となると、ひょっとしたら自分も‥はありません。
でも、『密謀』はちょっと違うんです。
内容的には、関が原前の上杉家の動向を書いた作品で、
前半は石田光成と直江兼続の人物描写を中心に展開します。

ひとつ前提を確認しておきますが、
この時代、新幹線がありません。ネットも携帯もありません。
どうやってお互いを知るのでしょうか。
そこで忍の登場です。彼らが大事な書簡を預かってやり取りします。

ですから、筆跡やそこに書かれてある情報量はめちゃめちゃ大事です。
顔も見えないし声も聞けないので、
それだけで相手に判断されてしまうのだから、書面命です。
昔の人が熱心に勉強をした理由がわかりそうな気がしませんか?
────────────────────────────────────────
時代小説を読んでいると、いかに知識・教養が身を助けるかよくわかります。
でも、「今の」「日本」にいると正直そこまで必要性を感じにくくなっています。

たとえば、メイド喫茶で働くメイドさん。
客商売をするにあたって漢字も計算も必要でしょうが、
漢文が読めたり微積分ができたりしても役に立ちません。
それよりかは、お客さんとどうコミュニケーションを取るか、
どんなレクリエーションで盛り上げるかを考える力があった方が100倍店に貢献できます。

良く言えば社会に色々な出口が拓けたことで、
勉強に肌が合わない人でも自分なりに生きていける環境があるのが今の日本です。
本書で著者が指摘する通り、
勉強よりも流行、家族よりも個人への関心が高い今の子どもたちの姿は、
優れたリーダーを創出する観点からはかなりマイナスです。

しかし、良くも悪くも多様な選択肢を持つ子どもたちが出したアンケート結果は、
とても正直に時勢を反映しているのではないでしょうか。
それくらいに「なぜ勉強をしなければいけないのか」にきちんと答えていくのは難しいです。
────────────────────────────────────────
■本書の構成
第1章:著者の娘が在籍した「ル・ロゼ」の教育&生活内容
第2章:ボーディングスクールの教育環境・卒業価値が大きい理由
第3章:世界各国の有名ボーディングスクール(イギリス・アメリカ・スイス)
第4章:世界のエリート競争に立ち遅れた日本の教育事情
第5章:ボーディングスクールに入学させる気構え
第6章:国内で注目のボーディングスクール&新進私立校
※ボーディングスクール=ハイエンド層向けの全寮制の学校
‥本書では単純に全寮制ではない旨解説されていますが、わかりやすくするためこの表現を使います。
────────────────────────────────────────
■立ち読みのポイント

⇒71ページ【日本以上に厳しいアメリカの学歴社会】
要は世界と比べたら日本の学歴社会はぬるいということです。
大学教育を中心に以下のことが分析されています。
・アメリカでは大学院を出ることがステータスであり、給与にも大きく差がつくこと。
・日本では就職氷河期の受け皿として大学院が意味を持ったこともあり、就職・給与面で大学院生が冷遇されていること。
ワトソン・ワイアットの淡輪氏の寄稿によれば、
「米国では『新卒』という概念が存在せず、職種別採用が当たり前、
その道の専門家として自分が学んできたことに沿って就職する」ようです。
※『リクルートワークスVol.73』(リクルートワークス研究所)参照
日本にこの概念はあまりありません。もっと緩くて、文系か理系かくらい。
良く言えばやり直しがきく社会であり、
悪く言えば貢献対象を見つけられずに脱落者を生み出す社会でもあります。

────────────────────────────────────────
それでは5点満点での評価です。

タイトル(4)★★★★
タイトル自体は普通。(言葉の響きとして「情操教育」とかけているのでしょうかおはな
オビがすごく利いています。
「世界の富裕層がわが子に託すのは資産ではなく教育」
「いま富裕層のあいだではバイリンガル・バイメンタル・バイカルチュラルが必須条件」
カバーの折り返しにもしっかり、
「お金を失うことはあっても、知識と教養は奪われることがない」と入っており、
そのまま「はじめに」まで誘導されます。
パッケージとしては綺麗な展開です。

ナレッジ(4)★★★★
「教育が専門分野ではない」と言いつつ、かなり調べられてあります。
海外の学校、日本の学校、教育制度・文化の違い。
著者自身の視点だけでなく、
卒業生となった親へのインタビューや学校への取材を通して、
しっかりとした情報量で構成されています。

スキーム(4)★★★★
本書が優れているのは、著者の体験談を第1章にぐぐっと収め、
海外の有名校への取材はもちろん、
日本の大学教育の遅れ、国内の優良スクールについても触れていることです。
手が届くといっても海外に子どもを預けることができるのはごく一部の人の話。
夢のある話を味わった後で、しっかりと日本の教育についても触れているので、
特にボーディングスクールに興味がなくても読めます。
読者が知りたい情報を順を追って並べているところも見事。

総合(4)★★★★
次代の教育は外を見ていかなければだめだというのは、
本書に出てくる資料の数々を見ればわかります。
当然学生が学ぶ意欲を失っている現状はよくありません。
しかし、勉強が苦手な子に道を残さない社会が心地いいとは言えません。
日本の学力の評価制度は「まんべんなくやる」ことを前提としています。
教養は大事。でも人生観はもっと大事。
流行好きな子どもたちから新しい流行を生み出す子どもが育ってくれば、
本人も周りも幸せに生きられるはずです。
その意味では日本もまだまだ捨てたものじゃないと思います。
勉強に落ちこぼれても人生に落ちこぼれないために、
大人として色んな手本を見せてあげたいですよね。


JUGEMテーマ:ビジネス


| 教育(公教育・教育サービス) | 04:05 | comments(0) | - |pookmark
ホームレス中学生 (麒麟/田村裕)
評価:
麒麟・田村裕
ワニブックス
¥ 1,365
(2007-08-31)
世界で最も嫌悪する言葉。
―「生んでくれてありがとう」。

ドラマやドキュメンタリーにありがちな台詞ですが、
子どもの頃の私にはこの言葉を口にする人の気が知れませんでした。

確かに生きてないと経験できない素晴らしい出来事はあります。
思い返してみると自分にも人生が最高だと思えた瞬間はいくつもありました。

「お前自身がボーダーラインだ」
と塾の先生に言われて臨んだ高校受験。
公立なのにやたら倍率が高くてさんざん迷った末、
願書を提出する当日に志望校を上げてのチャレンジ。
当時はまだ合格発表を掲示板でしていました。
友達に「大丈夫だから行っておいで」と背中を押され、
自分の番号を発見した時のあの喜び。
あこがれの高校で生活できることに胸が躍りました。

初めて付き合った彼女のこと。
告白は渋谷のパルコ近くにあるちょっとしゃれたカフェでした。
実はお店の環境は事前に調べておいて、
客席が等間隔で周りの声が気にならないことで、「ここだ」と。
帰りに彼女とつないだ手のあたたかさは
とびきり嬉しくてこのまま秘密にしておきたいような、
誰かに自慢したいような何とも言えない不思議な感触でした。

そんな誰にでもある「特別な」経験を差し引いても、
やはり「生んでくれてありがとう」と言えません。
これらはすべて中3以降の話。
小学校時代に自分が過ごした(自分にとって)壮絶な環境を考えると、
「もしあそこでダメになっていたら生まれてきて良かったもクソもない」
と今でも思えます。

小学生の頃に住んだ団地は街の高台にあり、
自分の家があった棟はその中でも坂を登りきったところにありました。
自分の部屋と反対側にあるベランダからは広場の庭が覗いていて、
5階とはいえ大人でも見下ろすと足がすくむ高さでした。
毎日寝る前に「明日は死のう」と自分に言い聞かせて、
でも広場の庭に落ちるのは落ちていく瞬間が想像されてとてもできませんでした。
自分の部屋側の窓からなら直線距離で落下できるので楽な感じはしたのですが、
そう思いつつ今日も死ねない自分に嫌気を覚え過ごしました。

少し話が暗くなってしまいた。
『ホームレス中学生』をこの場で追記するつもりはないので、先を急ぎます。
────────────────────────────────────────
■本書の構成
4P〜74P:中学生にして公園生活
75P〜114P:母の最期、中学校での学園生活
115P〜175P:生きる意味を見出した高校での出会い、再び貧乏生活
176P〜最後:NSC時代、母への想い
全体的に、貧乏生活の描写は辛いのに笑えて、
家族、特に母親とのやり取りの描写は胸に染みます。
────────────────────────────────────────
■立ち読みのポイント
⇒188ページ【亡くなった母への想い】
この本を手に取ったのは11月上旬で、メディアでもちらほら取り上げられていたのですが、
それこそ自分の親の影響かお笑いに対しての関心が薄く(と言いつつそこそこ見てますが)、
読む気にはなれませんでした。
たまたま渋谷の紀伊国屋でTVの番組関連本を探していたところ、
オビに「笑おうと思って買ったら案外泣けた」と書いてあり、
どれ手に取ってみるかと読み出したのがきっかけでした。
※いま調べてみるとオビではないですね。POPだったのでしょうか‥
田村氏のネタでもある貧乏生活に正直あまり興味がなかったので、
NSC時代のあたりから読み始め、あっという間にラストまで行きました。
そこで母への想いを綴った文章を見た時に思わずぐっと来ました。
「遺影を選ぶ際に母親が中心にいる写真がなくて困った」というエピソード。
「自分を見て母親を褒めてくれる人が増えるよう生きていこう」という決意。
どんなにうまい文章力があっても、必ずしも人を泣かせられるわけではありません。
こういう「強い言葉」はねらって書けるものではないので、
本書が大ブレイクしたのは著者のみずみずしい感覚によるところが大きいと思います。
もともと人一倍「家族」に対する関心が強かったので、
そこだけ見てレジまで持っていきました。
────────────────────────────────────────
つい最近になって、「親も人間だ」ということを知りました。
何を今さら‥と思うかもしれませんが、
本当にこの歳になるまで気づくことがなかったのです。
たとえば、
上司とやり合わなければいけないとわかっている日、
それが必要なことだとはわかっていても会社に行くのに勇気が要ります。
食べ物だって、
我慢はしてもお腹は空くし、ファミレスに入ればデザートも注文したくなる。
正直、私の小学校時代はとんでもない環境に身を置いていましたが、
日付が変わるまで働いて帰ってくる父や、たくさんの家庭料理を食べさせてくれた母は、
当時の私から「いつ死んでもいい」と吐き捨てられどんなに傷ついたことでしょう。
「生まれてきてよかったのかどうか」、
「そんな自分が子どもを持つべきかどうか」の判断はいまだに解決されませんが、
「鉄仮面」であった親の存在が本当はもっと身近なものであることに気づかされました。
────────────────────────────────────────
それでは5点満点での評価です。

評価の前にひとつだけ。
本書は本来の意味でいわゆるビジネス本ではないので、
ナレッジの有無で評価していくことは妥当ではありません。
しかし、ただ話題になっているからという理由ではなく、
ぜひともこのブログの「教育」カテゴリーで取り上げたいと思いました。
文科省や学校の対応ばかりがニュースの焦点になっていますが、
本当はこの本に書かれているように、
地域が主体となって子どもの面倒を見るべきではないでしょうか。
先ほども書いたように、「親も人間」です。
「それじゃだめだろう!!」って戦後を切り拓いてきた私の親世代には怒られそうですが、
人生の目標や価値が見えにくくなっている今、親にもモラトリアムが必要ではないでしょうか。
ですから、その穴埋めは地域でする。
実際小回りが利く分、中央から教育を見直すより早いかもしれません。
地域の人がどんな対応を取ったら良いかは本書に出てくる通りです。
田村少年の時とは既に時代背景が違うので、こんなにうまくいかないかもしれませんが、
見習うべきことがたくさんあります。

評価の前にもうひとつだけ。
えっ、長い?YES!
最近教育と歴史の関係を勉強できるめちゃくちゃ面白いマンガを発見しました。
このブログでの書評はやりませんが、紹介だけさせてください。
「チェーザレ」(講談社モーニングKC・惣領冬実)です。
4巻出ましたー。待ってましたー。
同じくマンガ&歴史好きの友人が「チェー‥何?」と言っていたので、
知名度はそんなものなのかなあ[:がく〜:]
ひとことで言うと、「蒼天航路」(同じく講談社モーニングKC・王欣太)の中世版。
あ、「蒼天航路」は三国志を曹操の視点で描いた作品です。
ってまだ単行本出てるの!自分が学生の頃からやってるから相当長いはず‥
ととと、マンガブログになってしまうのでこの辺で。
とにかく、「チェーザレ」猛プッシュです。
漫画を読んでいて久しぶりにキタ!って感じです。
このパートだけ妙に明るくなっちゃいましたね。
それでは続きをどうぞ。

タイトル(5)★★★★★
「中学生」と名づけたところが絶妙です。
小学生だとタイトルだけ見た時にリアリティが無いし、
高校生だと最悪自活できてしまいそうです。
本人の経験そのものでもある中学生でドンピシャです。
前半の「ホームレス」が持つ言葉の響きは、当たり前ですがマイナスイメージ。
酷い事件に巻き込まれたりしているので、
どう逆立ちしてもいいイメージにはなりません。
ところがここに「中学生」を組み合わせる妙に愛嬌があって収まりがいい。
類書や本書のタイトルを真似たブログが一気に出そうですね。
それだけ破壊力のあるタイトルです。

ナレッジ(5)★★★★★
どんな人でも「家族」に対する関心は強いはず。
私のように人生の負の部分から家族に強い関心を持っている人も多いでしょう。
でも、どんな人にも親や子ども、友人や大事な人がいるように、
誰かから強く求められています。
私には年に1回しか会わない友人がいますが、
それでも会わなければ1年の在り方が変わってしまうほど大事な存在です。
ふだんメールや電話のやり取りがなくても、
皆さんのことを時々気にかけている人がいるはずです。
本当にその人たちのことを忘れないように、
いつもいい人間関係を築いていたいものですね。

スキーム(5)★★★★★
構成も見事としか言いようがないです。
「おわりに」で「制作を手伝ってくれた方」として名前が挙がっていますが、
著者の体験を最大限に引き出したのは彼女たちのマジックです。
もし私が同じ企画をするとしたら、
NSC時代やM-1といった現在に近い部分を取り上げていたことでしょう。
ところがそれではそこそこしか売れない。
お笑いに興味が無い人には手にとってもらえないからです。
そうではなくて、貧乏ネタを織り交ぜながら
母との記憶や学生生活といった「誰もが経験しそうなこと」をベースに引いたことが
読者の共感を呼ぶのだと思います。
あまりにも自分とかけ離れていることを展開されても読者は興味を持てませんし。

総合(5)★★★★★
流行りの本に「オール5」をつけるのは悔しい!
でもいいものはいい!
特に家族に強い思い入れがある人は絶対泣けます。
明日からも、自分にパワーをくれる人のために頑張ろうって思えます。
田村さん、素敵な本をありがとう!
でもお笑い芸人としてはこの先ちょっとやりづらいのかも、
なんて危惧したりします‥ゆき


JUGEMテーマ:ビジネス


| 教育(公教育・教育サービス) | 20:42 | comments(0) | - |pookmark
ヨコハマ発熱! どうするんだ子供の教育(横浜青年会議所)
評価:
社団法人横浜青年会議所
ダイヤモンド社
¥ 1,575
(2007-11-09)
今の子どもたちには、「その場しのぎで他人任せ」なところがあります。

サービス至上主義の社会で手厚く扱われ、欲しい情報はインターネットで収集できる。
生きていくのに困らない反面、何を選んだら良いかわからないのです。
必然的に、計画性を持って判断していくことが苦手になります。

大人社会はまったく別で、計画性が無い人も判断できない人も求められていません。
このギャップはすごい。

でも世の中の流れが今の子ども像をつくってきたのですから、
今後もよりいっそうこの流れが強まっていくものと予想されます。
たとえば、
企業が不正をしたらけしからんということになって、
もっとしっかりサービスを徹底しようよというムードになります。
客(子ども)に逆らえない店員(大人)が誕生します。
あるいは、
ネットにおける検索技術の精度が飛躍的に高くなれば、
子どもにとっては、誰かが調べてくれているからこれでいいや、となります。

これは子どもが悪いのではなく、
大人社会の構造をそのまま子どもに適用してしまっていることに問題があります。

「大人対子ども」は、どんな場面でも「大人対子ども」でいいと思います。
そうでないと、親が気づかない、見張っててやれない場面はたくさんありますから、
常に(大人としての)同じ基準から子どもを見てあげることができなくなります。

そう、必要なのは地域社会の参加です。
今の教育論議を見ると、やれ親が悪い、学校が悪い、官僚が悪い、子どもが悪い
と責任の押し付け合いになっています。

テレビでは親の奇行ぶりが騒がれていますが、
これは一部の親の側面を切り取って、メディア側が「トレンド」にしただけです。
私はいくつかの幼稚園で親御さんたちの様子を見ていますが、
多くのお母さんがしっかりと厳しく子どもに接しています。
子どもの片づけや身じたくで手をかそうものなら逆に怒られます。

いわゆるモンスターペアレンツの担任をしている先生は、
「いやいやあなた‥」と反論されると思いますが、
要は子育てにおける親の個人差を「誰が」「どうやって」埋めるのか、
その仕組みづくりが求められています。
────────────────────────────────────────
本書の構成は、
第1章〜第6章まで対談です。
一応、章ごとにテーマは設けられているのですが、
読んでいくとほとんど違いは発見できません。
見どころはやはり、第1章の中田宏氏(横浜市長)と渡邉美樹氏(ワタミCEO)の対談です。
教育書というとまるで中身の無い空論が展開されることが多く、
これが一般の人に伝わらず、ますます教育への関心が薄れるという傾向がありました。
本書ではここに取り上げたおふたりを初めとして、
現場で実際に「俺たちはこうやって変えるんだ」という施策を
実行している方たちの対談なので説得力が違います。
────────────────────────────────────────
■立ち読みのポイント

⇒19ページ【親の意識の変え方】
前後の文脈は「親の意識をどう変えていくか」というテーマになっています。
渡邉さんは、
「子どもを変えることで親を教育していく。そのために学校という機能が必要」
という説を展開しています。
常識では考えられないドラスティックな発想ですが、
企業社会では「先輩がダメなら後輩のお前が変えて行け」という発想は当たり前ですから、
ひょっとしたら的を得ているのかもしれません。

⇒28ページ【子どもの職業観が狭い理由】
日本の子どもたちの将来の夢が「サッカー選手」ばかりである状況を、
中田市長は子どもの世界観が狭いからと解き明かしています。
市長自身が「政治家になりたい」と子どもに思わせることを目標に掲げています。
選択肢が多様化している社会の魅力は何だと問われたら、正にこれです。
私が好きな時代小説の世界では、背景には常に身分制度があります。
結婚も転職も自由はまったくない。
現代は逆で、ありすぎる選択肢の中からどう子どもたちに選ぶ力をつけさせるか、
これからの数十年はここが教育のキーワードになると思います。
近くこのブログでも取り上げたいのですが、
麒麟の田村さんの本を読んで芸人になりたいと心底思う子どもが出てきてもいい。
芸人の価値を本人が理解していれば立派な将来の夢です。
将来を選び取ることを恐れたり妥協してしまったりした私の世代が、
自分自身を変える作業をしていく中で、
子どもたちに伝えられることはもっとあるのだと感じています。
※ちなみに私は就職氷河期の最後の方にあたります。まだまだ若い!つもり。
────────────────────────────────────────
冒頭に子どもたちのことを悪く表現しましたが、
本当に生きづらさを感じているのは子どもたちかもしれません。
歳を経るにつれて何かをしなければいけないというプレッシャーがかかり、
でもやりたいことも特になくて、特別な経験や技能もなくて、
どうしていいかわからないのに社会から責められる。
孤独です。
親か学校の先生か友人か、誰かが手本を見せなければ苦しいことでしょう。
だからこそ、この本に出てくる取り組みをしている方々の行動には勇気づけられます。
いっぺんに社会を変えることは無理。
でも人はムードに適応する性質がありますから、
まずはコミュニティレベルで「正常な」社会を形成すること。
そして成功事例をエリアでシェアしていくことができればいいなと思っています。
────────────────────────────────────────
それでは5点満点での評価です。

タイトル(0)−
うーん、0か1かで悩みましたが0です。
表紙には、「教育維新宣言ヨコハマ発熱!どうするんだ子供の教育」と書いてあります。
せっかく中身は良書なのに、従来の教育書を類推させるような、
お仕着せがましいタイトルになっています。
新刊で平積みのうちは教育に関心のある人が手に取りますが、
数ヶ月後に棚に差してあったら埋もれてしまうことでしょう。
本書には「横浜」・「中田市長」・「渡邉社長」と3枚も看板があるのだから、
これをタイトルに持ってこない手はないと思うのですが。

ナレッジ(4)★★★★
官僚言葉でもなく、教育論者言葉でもない表現で教育書が読めることは本当に救いです。
特に指導要領がどうあるべきかとか、ゆとり教育をどう総括するかというような
新聞に出ていそうなことではなく、
「俺たちならどうするか」を基点に現在の諸制度の問題点が語られているので、
教育行政に関心を持って来なかった人でも非常に読みやすくなっています。
教育改革を「実行」できる立場の人は残念ながらまだまだ多くありません。
市長らの取り組みを通してもっと多くの人が教育行政に携われる社会になることを望みます。
私も自分自身ができるレベルのことをしたいと考えています。

スキーム(1)★
対談形式はテーマ散漫になりがち、という落とし穴があることは前にも書きました。
本書が破綻していないのはパネラーのロジックがよく練られているからであり、
決して本の編集力によるものではないと思います。
文字の大きさは見やすく、しっかり小見出しも入っているのですが、
章ごとのテーマは見えず、パネラーの発言力に引っ張られている気がします。

総合(4)★★★★
上記の構成要素からするとかなり歪みがあるのですが、
本当に口ばっかりの教育論を抜け出すための輝きを放った良書です。
特に、私なら「行政から変えていく」という途方もない発想は持てないのですが、
そこにあえて切り込んでいく渡邉さんは役者が違うと思いました。
これまでテレビで見ていた激情家の印象とかなり変わりました。
全体としては横浜市が進める地域教育の取り組みを紹介するものであり、
私自身「地域から変えていく」点で同じ考えなので、
この数十年で何を子どもたちに残せるか、目下勉強中です。


JUGEMテーマ:ビジネス


| 教育(公教育・教育サービス) | 19:14 | comments(0) | - |pookmark