<< その1人が30万人を動かす! 影響力を味方につけるインフルエンサー・マーケティング (ブルーカレント・ジャパン/本田哲也) | main | ホームレス中学生 (麒麟/田村裕) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |pookmark
「オンラインビジネス成功の秘訣はアクセス解析にあり」セミナー (レゾン/矢口須勢理)
ブログを運営していると、PV数がとても気になります。
このタイミングで書いたらけっこう読んでもらえるのでは?
と思って書いたらドンピシャだったり、
自分の想いを全面に出したらあまり伸びなかったり雪

私が気をつけているのは情報の鮮度。
体験してから出来るだけ早く上げるようにしています。
半月も経ってしまうと、情報を必要な人がぐっと少なくなってしまうので。
ですから、本は半月、セミナーは1週間以内を目安!
と考えていながら、このエントリーは1週間を過ぎているので、
とても胸が痛いです困惑

実際ブログ始めてみて、「更新が命」なことがよくわかりました。
まだまだ更新時間に左右される立場なので、
できるだけ皆さんに見てもらえる時間帯に更新するようにしていたりします。

それと自分が読者として思うことは、
更新されないブログから足が遠のくことはもちろん、
ひたすら更新し続けるブログも見なくなるということ。
「もう見切れないからいいや」となってしまいます。

ですから、できるだけ一定のペースで、
たまに自分が辛くならないように休みながら書くようにしました。
ネタ切れの心配はほぼ無いのですが、
アウトプットとインプットの割合を同じにするのはとても難しい!!!!
常にどちらかのテンションで動いてしまいます。
誰か良い気持ちの切り替え方を知っていたら教えてください〜(>3<)
────────────────────────────────────────
アクセス解析ってどの指標を見ればいいの!?
ということで今回のセミナーです。
講師の矢口さんは、デジタルフォレストにてマーケティングマネージャーとして、
解析ツール「visionalist」の普及に努めて来られました。
講演にて始めてvisionalistの画面を見たのですが、とても見やすいですね。
ページ遷移割合から離脱率を見る図(樹形図)が登場し、
動線を知るには確かに「これだ」と思いました。
まさにその名に恥じない機能です。
でも講演ではちょっとしか見れなかったので残念‥

商品WEBサイト上にオンラインデモがあるので見てみました。
「クリック・アット・グランス」機能に感動!
実際のページにかぶせてPVを表示できるという機能なんですが、
担当者個人での必要性は薄いかもしれませんが、
役員に報告する時や会議で全員に共有する時には、これは便利です。

講演時間は、
19:00-20:00 矢口さんの講演
20:00-20:30 モデレーター・神原さんとのセッション
20:30-21:00 質疑応答
というアカデミーヒルズ・オンラインビジネスのいつもの流れです。
────────────────────────────────────────
■講演の要旨
【アクセス解析の目的】
・ROIを高めること(制作費・広告費・人件費)
【解析ツールの種類】
・歴史、種類、価格帯
【担当者の問題点】
・意識が低い
・有料ツールの実用性を知らない
【リード形成】
・設計したシナリオに沿って導線を形成する
・離脱率から動線を見直す
【社内体制】
・レポートラインに決裁者がいること
【離脱率の評価基準】
・40%を切ると優秀
・50%以上になると検索ワードとズレがある
【サイトタイプ別指標】
・4つのサイトタイプ(EC、メディア、サポート、営業リード)
・サイトタイプにより重要な指標は異なる
────────────────────────────────────────
それでは5点満点での評価です。

内容(2)★★
アクセス解析をサイト運営にどう役立てるかという
「意義づけ」の部分がメインになった講義でした。
ROIを把握するためにきっちり解析をしましょうというテーマです。
ただ、具体的に「こういう解析をしてください」という提案までは至らなかったので、
結局、「重要性はわかった。で、次は?」となります。
講演の中に発展内容まで盛り込むことは時間的に難しかったのでしょう。

講師(3)★★★
自身が育ててきた「visionalist」を薦める以前に、
「Google Analyticsでいいからとにかく解析ツールを導入してください」
という言葉に好感を覚えました。
中にはとてもWEB構築に自信を持っていて、
サイトの出来も素晴らしいのに、
「時間が無いからということで解析をしない」パターンもあるので、
誰のためにサイトをつくっているのか、立ち返る必要があるということですね。

資料(2)★★
レジュメが1部配布されました。
途中、リード形成の話の時に、「離脱率から動線を見直す」事例が出てきて、
このスライドが具体的でわかりやすかったのですが、
書き取る余裕が無く、紙にも落ちていないので、
家に帰ってきて復習できる要素がありませんでした。

時間(2)★★
ほぼ予定通りの進行でした。

費用(2)★★
オリジナルのケーススタディは提示されましたが、
生きた事例が聞けたわけではないので、やや消化不良です。
参加費5,000円に照らし合わせると、高いところまでいかないものの、
ナレッジを得るには十分ではない印象です。

総合(2)★★
「入口」の部分に集約されていて、物足りなさを感じました。
個人的には、以下のいずれかに流れてもらえたらもっと満足でした。
・解析ツール選びの盲点
・KPIの設定方法
ひと口にアクセス解析と言っても、
参加者の関心が様々なので、講演の運営ってとても難しいものです。


JUGEMテーマ:ビジネス


| SEO(リスティング広告・アクセス解析) | 22:39 | comments(0) | - |pookmark
スポンサーサイト
| - | 22:39 | - | - |pookmark
Comment
コメントする